Why are we asking this now?

On Wednesday, EMI’s boss said the company is to axe A&Rs – the “artist and repertoire” scouts who scour the clubs and pubs for talent – and hand over the power to marketing men who plot how to sell the music.

情報源: The Big Question: What are A&Rs, and can a record company survive without them? | The Independent

【備考】2018.1.4記載
A&Rとはどのような仕事なのか?という2008年2月29日のThe Independentの記事ですが、中に大変興味深い記載がありました。有名なA&RとしてKeith Wozencroftという人の紹介があり、Radioheadを発見してデビューに結びつけ、後にMansunやSupergrassをParlophoneと契約させた、とされています。

Mansunのデビューについては、複数の大手レコード会社が激しい争奪戦を繰り広げたといわれており、結果としてKeith WozencroftさんがMansunメンバーの信頼を勝ち取り、Parlophoneにつれてきた、ということになります。

Keith Wozencroftさんの名前は「Spooky Action」のサンクスクレジットの一番最後に「ありがとう、長年のマネージャーKeith Wozencroft。面白い22年間だった。」と記載があり、Mansun解散以降もPaulとずっと付き合いが続いていたことがうかがい知れます。

現在英国でのPaulのマネージメント会社となっているThird Rock MusicはKeith Wozencroftさんが代表をつとめているようです。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA