マンサンは90年代半ばに風変わりな数少ないファンにとても愛されていた。それにレコード会社がセンスよりも金を持っていた当時、印象的な話だが、リヴァプール駅で“Taxloss”のプロモーションに25,000ポンド(約355万円)も浪費した。今ならその金でボイラースーツが買える。マンサンの狂気じみたファンたちはいまだに再結成を期待しているが、シンガーのポール・ドレイパーは、毎週火曜日になるたびに「ありえない」と話している。

情報源: もう忘れてしまったかもしれない90年代のアーティスト50組 | NME Japan

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA