Paul Draper / Mansun Links

Wikis > Paul Draper / Mansun Links

 


■オフィシャルのPaul Draper情報はオフィシャルサイトとSNSで確認することが出来ます。このうち、Paul本人が更新を行っている可能性があるものはTwitter、Facebook、Instagramです。文末に「DM」とついている場合は「Dark Mavis」と呼ばれるPaulの代理人(?)が投稿しています。文末に「PD」または「P」とついている場合はPaul本人の投稿のようです。何もついていない場合は…謎(多分深い意味は無い)。なお、オフィシャルサイトのトップページにはメーリングリストの登録フォームがあり、メールアドレスを登録すると“The Silence is Deafening”が無料でダウンロードできます。
Paul Draper Official Website
Paul Draper Official Twitter
Paul Draper Official Youtube
Paul Draper Official Facebook
Paul Draper Official Instagram


■MansunのSNSアカウントについては以前は有志のファンが管理をしていたようでしたが、ParlophoneからKscopeにMansunの全カタログの権利が移ることがほぼ確定したと思われる2017年の春以降、オフィシャルウェブサイトが立ち上がり正式な管理者がついたものと思われます。KscopeからMansunの全カタログ及び未発表曲を再リリースする大規模なキャンペーンが2017年の冬から数年かけて行われることが発表されており、今後の情報発信が更に活発になることが予想されます。
Mansun Offifial Website
Mansun Official Twitter
Mansun Official Facebook
Mansun Official Instagram


■Ben Sink
Spooky ActionやEPでエンジニアリングに参加。ギターのほか、キーボード、ドラム、パーカッションも演奏が出来るマルチプレイヤーでもあります。自身のプロジェクトThe Bracketで活動しているところをPaulにスカウトされ、2012,3年頃からPaulのスタジオのスタッフ(当初はインターン)として活動しているとみられます。「音楽に関するほとんど全てをPaulに教わった」と語っていることから、弟子のようなポジションと思われます。2017年9月、2018年2月3月のPaulのバンドでのソロツアーにリードギタリストとして参加し、2018年、2019年のアコースティックツアーではPaulのパートナーとしてアメリカ、フランス、イギリス、日本、中国の全公演に帯同しました。Spooky Actionに続く2枚目のアルバムでは曲作りにも参加すると見られています。The Anchoressのアルバムやライブにも参加しています。2019年3月に28歳になったようです。
Ben Sink Twitter
Ben Sink Facebook
Ben Sink Instagram

■Jon Barnett
Spooky ActionやEPでドラムを担当。家族の影響で2歳からドラムを始め、様々なセッションを経験。20代前半には地元ブライトンで結成されたバンドThe Upper Roomでプロミュージシャンとして活動していましたが2006年にバンドが解散、2008年頃からPaulと活動を共にしているようです。2017年9月、2018年2月3月のPaulのソロツアーにも全公演でサポートメンバーとして参加しています。The Anchoressのアルバムやライブにも参加しています。2019年3月に37歳になったようです。2018年に地元のブライトンで自身のドラムスクールを開設し、本格的に音楽活動への復活を果たしました。
Jon Barnett Official Site
Jon Barnett Twitter
Jon Barnett Facebook
Jon Barnett Instagram

■Beau Barnard
2017年9月、2018年2月3月のPaulのソロツアーの全公演でベーシストとして参加していました。アルバムやEPにベーシスト・エンジニアとして参加していたBen Stack (Stax) が何らかの理由でツアーに参加せず、Jon Barnettと共にThe Upper Roomで活動していたBeauが呼ばれたようです。職業ミュージシャンとして他のバンドのツアーやライブでも活動しており、The Anchoressのライブにも参加しています。
Beau Barnard Facebook
Beau Barnard Youtube Channel

■Ben Stack(Stax)
Spooky ActionやEPでベース・エンジニアリングを担当。Staxも元々はドラムのJonの紹介でPaulのチームに加わったようです。Spooky ActionのメイキングDVDにもかなり長時間登場していました。
Ben Stack Twitter

■The Anchoress / Catherine AD
Paulとお互いの1stアルバムで曲作りのパートナーだったキャサリン・アン・デイビスはウェールズ出身のマルチ奏者、シンガーソングライター、作家です。2013年に音楽プロジェクト「The Anchoress」を開始し、2016年にはデビューアルバム「Confessions of a Romance Novelist」をPaulと共同リリース、プログレッシヴ・ロック・アワードのLimelight(新人賞)を受賞するなど、高い評価を受けています。「Spooky Action」でもおよそ半分の曲はキャサリンとの共同制作・エンジニアリングで制作されており、2017年9月のPaulのソロツアーにも全公演でサポートメンバーとして参加しています。その他、
Simple Mindsのツアーメンバーとしても知られており、Manic Street Preachersとの共演も果たしています。2019年7月現在、自身の2ndアルバムはセルフプロデュースによって制作がほぼ終わっている模様。
The Anchoress Official Website
The Anchoress Official Twitter
Catherine Anne Davies Twitter
The Anchoress Official Facebook
The Anchoress Official Youtube
The Anchoress Official Instagram


■Mansun’s Only Love Songは1万5千人以上のメンバーを有するFacebookのグループで、事実上の「オフィシャルファンページ」となっています。管理人はファンというよりはPaulのスタッフの一員といっても良いぐらいのポジションにあるものと思われます。ツアー時の会場のオープン時間やタイムスケジュールの当日や直前の変更等、最新情報はリアルタイムでここで発信されていました。あらゆる情報が集約されており、Paul自身の投稿も多く、早くて詳細な情報を掴むには要チェックのページです。
Mansun’s Only Love Song (Facebook Group)

■Paul Draper Appreciation Society(ex.Spooky Action)も1万人以上のメンバーを有するFacebookのグループです。Mansunのファンページを標榜する「Mansun’s Only Love Song」に対し、あくまでもPaul Draperのソロを応援するというスタンスで活動をしているようです。管理人は作品を楽しむことを主体にしていて、動画や音源の投稿が歓迎されています。
Paul Draper Appreciation Society (Facebook Group)

■日本のPaul Draperファンによる日本語ファンページです。
Paul Draper Japanese Fanspace (Facebook Group)

Paul Draper Japanese Fansite
Paul Draper Info JP Twitter
ポール・ドレイパー (Facebook Group)
pauldraperjp Instagram
Paul Draper Info in Japanese (Unofficial) tumblr
ポール・ドレイパー日本語情報 Google+

■Mansun Conventionはマンサンファン有志の企画・運営によるファンイベントです。Mansunの衣装や楽器、記念ディスクの展示等のほか、Mansunを語るフォーラム、マンサントリビュートバンドのライブなど、様々な催しが行われているようです。Mansun活動中に第1回目、2014年8月23日に第2回(Chester)、2017年2月18日に第3回(Liverpool)が開催され、2018年9月に4回目の開催が予定されていましたが、延期になった模様。2014年には世界中から約500人、2017年にも約200人が集まったとみられます。2014年の第2回の開催時に会場で音源が公開されたFeeling My Heart Run Slowを録音したファンがYoutubeにアップ、それを聞いた音楽関係者がPaulにソロ活動を持ちかけたといわれています。また、2017年にはMansunのドラマー、アンディが登場してマンサンのトリビュートバンドTaxloss Loversと共にステージで演奏するというサプライズもありました。
Mansun Convention (Facebook Group)

■Mansun Wikiは有志によるマンサン情報集積用Wikiです。ファンによる情報提供が呼びかけられており、既に膨大な量の情報が集約されています。メールアドレスを登録し、承認を受けると更新が可能になります。
Mansun Wiki

■Mansun Gearは元はMansunやPaulの機材に注目して情報発信を行っていたようですが、最近は一般的な広報のアカウントになっているようです。
Mansun Gear Twitter
Mansun Gear Instagram

■Taxloss LoversはMansunのトリビュートバンドで、Mansun Conventionをはじめ、ブリットポップのイベントなどで演奏を重ねているようです。Mansun Conventionの主催者がドラマーをつとめており、Spooky Actionの1曲目、Don’t Pork the Bearの長いイントロ部分でBongoを叩いているのもこの方です。
Taxloss Lovers Facebook
Taxloss Lovers Twitter

■Kscopeは主にプログレッシヴロック、ポストプログレッシヴロック、オルタナティヴロックなどを手がけるイギリスの独立系レコードレーベルで、Porcupine Tree、Steven Wilsonが所属していました(Steven Wilsonは2017年Caroline Internationalヘ移籍)。
2016年1月にPaulが共同プロデューサーとして名を連ねている
The Anchoressの1stアルバム「Confessions of a Romance Novelist」がKscopeから発売されており、以前から交流があったものと思われます。2016年4月に正式にPaul DraperとKscopeの間で契約が結ばれた事が発表され、EP ONE, EP TWO, Spooky Actionがリリースされました。2017年11月にはKscopeがMansunの全カタログをParlophoneから取得したことを発表し、数年に渡って未発表曲を含めMansun作品再リリースの大規模なキャンペーンを行うとしています。
Kscope Paul Draper Page
Kscope Official Twitter
Kscope Official Youtube
Kscope Official Facebook
Kscope Official Instagram

■Third Rock MusicはMansunをスカウトしてParlophoneと契約させ、Mansun時代から現在に至るまで20年以上ずっとPaul DraperのマネージャーをつとめているKeith Wozencroftさんが代表となっているマネージメント会社です。
Third Rock Music official
Third Rock Music Official Twitter

■Big Nothingは日本におけるPaul Draperの広報窓口となっている会社です。
BIG NOTHING Paul Draper Page
BIG NOTHING Official Twitter

■ULTRA VYBEはPaul Draperの日本盤CDをリリースしている独立系レコード会社です。
ULTRA-VYBE Spooky Action Page
ULTRA-VYBE Official Twitter

 

Share

Mansun – SIX – 21st Anniversary Edition

PAGE TOP